名人から見た温泉道 No.019

meijin

第十九回目のインタビューは、
名人会顧問 高崎 富士夫 名人 にお願いします。

あなたが温泉道を始めたきっかけは何でしたか?
県外からお越しになる温泉道の皆さんから 「こんな素晴らしい別府温泉郷で楽しい温泉巡りの制度が有るのに、 地元の方で温泉道をされている方が少ないのは何故ですか??」と 言われ続けて約1年が経過し、とりあえず何湯か巡ろうと思い 約10ヶ所位巡ったところで「ハマリ」27日間で名人になりました。

あなたが好きな温泉名は?
豊前屋旅館

その温泉が好きな理由は何ですか?
温泉巡りを初めて数年後、温泉道の参加者が一時的に伸び悩んでいた折、 初代永世名人の土谷さんと何度も話し合いをして「温泉道名人会」を 立ち上げ、毎年5軒くらいの入浴施設を増やしてきましたが、その折に 開拓したのが「豊前屋旅館」さんで、当時の大女将とのお話で「うちは 他の明礬地区の施設とは違う独自の源泉で山のふもとの源泉を使って 居るのよ」との事で、実際に浴室に行くと湯舟いっぱいの「湯の花」の幕が はっていて感動を覚えたのがきっかけです。

温泉道、あるいは入浴方法に関して、あなたが特にこだわっている点は?
温泉道を通じて一人でも多くの仲間を増やし、全国に別府温泉の偉大さを 知っていただく事が1番で、特に県外からお越しの皆さんには、自分が出来る範囲のおもてなしで接し、リピーターさんを増やす事が大切と思います。
入浴方法は、@に挨拶AにコミニケーションBに来た時より綺麗して上がるを 心がけています。

温泉道初心者の方にお勧めしたい温泉名は?
松原温泉

その温泉をお勧めする理由は何ですか?
他にも四の湯温泉等や多くありますが、中心地(別府駅)から近く 泉質とお湯の新鮮さ・建物の雰囲気・人情の深さを感じています。 駐車場も完備されてい事と、ここへ入れば半径数百メートル内で 泉質や趣の違う温泉を楽しむことが出来ます。

別府八湯温泉道の宣伝をしてください。熱いメッセージをお願いします。
日本一の湯量・泉質を誇る温泉郷で、その日の気分で様々な温泉を 選ぶことが出来るのは、まさに「温泉のテーマパーク」です。 私も毎年全国各地の温泉巡りをしていますが、確かに単独では 別府では感じる(入る)ことが出来ない温泉や素晴らしい温泉地が 数多くありますが、総合的に判断するとなんといっても別府温泉です。 この地に生まれた「別府八湯温泉道」は自信を持って皆さんにお勧めし 全世界の(少しオーバー)皆さんの元気の源となってほしいものです。

その他、温泉道について、何でもご自由に、語ってください。
現在名人会の皆さんが中心になり、いろんなイベント等を企画して 温泉道ファンを増やしていますが、まだまだ肝心な地元の方々が 温泉巡りをされてません。 世界に誇るこの別府温泉の素晴らしさを、まずは別府市の皆さんに 知っていただき、温泉道を始めることで「元気になり長生きできる」 町づくりを進めていきたく常に感じています。 現在実施中の市内小学校での「温泉観光授業」を来年以降も続け 別府の温泉文化を次世代へつなげるよう頑張ります・・・(^^)

ありがとうございました。