名人から見た温泉道 No.041

meijin

第四十一回目のインタビューは、
安部伸久 名人 にお願いします。

あなたが温泉道を始めたきっかけは何でしたか?
大分に単身赴任してた折に週末に自宅に戻らず温泉巡りに目覚め、27年に温泉ソムリエセミナーの受講とこの道の先輩であるmixi 友だったみやちゃんやオガティさんに刺激を受けて始めました。

あなたが好きな温泉名は?
照湯温泉(明礬温泉)。

その温泉が好きな理由は何ですか?
程良い湯温と湯のまろやかさ。

温泉道、あるいは入浴方法に関して、あなたが特にこだわっている点は?
こまめな給水と肌で湯の触感を味わうこと。そのため湯巡りは1泉30分程度、そして地元の方との語らいが楽しみ。。

温泉道初心者の方にお勧めしたい温泉名は?
八湯各地の共同浴場。

その温泉をお勧めする理由は何ですか?
料金もリーズナブルで何より先達や地元の方からマナーが学べる。

とっておきの温泉エピソードをご披露下さい(^^v
とある温泉旅館に宿泊した際に単独で混浴露天風呂に入ってたところ、40代前後の婦人団体(多分保険会社のセールスレディー)が後から入ってきて若かった私は出るに出られずのぼせてしまったこと。

別府八湯温泉道の宣伝をしてください。熱いメッセージをお願いします。
限られたエリアで放射能泉以外の泉質を体験でき、何よりも地元の皆さん方が温泉を愛し生活の一部として元気なこと。
私もアンチエージングにチャレンジしていきたい。

その他、温泉道について、何でもご自由に、語ってください。
日本人固有の温泉文化を伝承していくには有意義なシステムだと思います。温泉ソムリエたちが選ぶ日本温泉道88巡りなんか出来るといいな。仕事リタイヤしたらやってみたい。

ありがとうございました。